ご希望の競艇場[ボートレース]情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

競艇場[ボートレース]

競艇用語集

競艇用語集 競艇用語集

文字サイズ

  • 甲板
    かんぱん

    甲板(カンパン)

    「デッキ」とも呼ばれ、一般的には、船体に対して水平に設けられる板状の部分のことを指す。競走艇の場合、前方の少し広い部分を「前部甲板(デッキ)」、両横にせり出している部分を「ハーフデッキ」と区分して呼んでいる。前部甲板の特徴は、若干のアール(曲がり)を持たせることで強度を保ち、水はけを良くする「ビームキャンバー」と呼ばれる加工が施してある。甲板の前方には、「艇旗」と呼ばれる小さな旗が立てられている。来場者が識別しやすいよう、ユニフォームと同じように、艇番ごとの色が決められている。艇旗には、視認性の向上だけでなく、航走時のバランスを取る役割もあり、ゴムの台に木製の棒を差し込み、旗に付いたゴムをフックに掛けて固定する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の競艇場[ボートレース]を検索できます。

ホームメイト・リサーチ イメージキャラクター

ページ
トップへ
PAGE TOP