ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競艇場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競艇場情報

競艇に関する新聞コラム



スポーツ新聞などでは、競艇(ボートレース)ファンの芸能人やスポーツ選手など各界の著名人による連載コラムが人気を博しています。中でも全国系・地方系の大手スポーツ新聞社と大手芸能プロダクションのコラボレーション企画である「スポーツボートレース6」は、執筆するメンバーの話題性もあり多くの読者を惹き付けています。

ここでは「スポーツボートレース6」の代表的な担当記者を紹介します。

クワバタオハラ

クワバタオハラ

関西出身の女性お笑いコンビで、切れ味のある漫才が持ち味のクワバタオハラの2人も「スポーツボートレース6」の執筆陣として参加しています。紙面でもまるで漫才のような関西弁での掛け合いを行なっていて、小気味良くレースや選手を紹介する中で、クワバタオハラならではのボケ、ツッコミで紙面を湧かせています。

磯山さやか

グラビアアイドル、タレント、女優としてマルチに活躍する磯山さやかさんは、スポーツライターという肩書きも持っています。かつて人気漫画の「タッチ」のヒロインである浅倉南に憧れて高校時代には野球部のマネージャーを務めていたという彼女は、スポーツに対する造型が深く、野球、サッカー、格闘技のみならず、競艇もよく観戦するそうです。そのような背景からも競艇番組の出演やコラム執筆機会も多く、競艇ファンにも知名度が高くなっています。

田代さやか

磯山さやかさんと同じく、グラビアアイドルの田代さやかさんも、「スポーツボートレース6」では欠かせないメンバーの一人として読者からの熱い支持を集めています。自ら芸能人女子フットサルチーム「XANADU loves NHC」に所属し、ゴレイロ(ゴールキーパー)を務めている程のスポーツ好きとしても知られています。紙面では元気な女性らしい語り口で読者を和ませています。

武田修宏

元サッカー選手で、現在はスポーツコメンテーター、タレントと多岐にわたり活躍している武田修宏さんも、競艇に関するコラムの執筆に一役買っています。スポーツ選手としての経験や分析力を活かした文章で、コラム全体に重厚感を醸し出しています。テレビで放映されるビッグレースの司会者としても度々登場するなど、競艇番組での認知度は非常に高いと言えます。

大島麻衣

日本を代表するアイドルグループAKB48の元メンバーで、現在はタレント、歌手、グラビアアイドルとして活動中の大島麻衣さんも、スポーツ紙の競艇のコラムに記事を執筆中です。現役の若手競艇選手(ボートレーサー)と同世代という目線で、選手について掘り下げる記事もあり、今時の女性からみた競艇や選手達に対する想いも多く綴られています。

宮下純一

最後に紹介するのは、北京五輪男子400mメドレーリレーの銅メダリストで、現在はタレント、スポーツ解説者として知られる宮下純一さんです。鹿児島県出身で、大学卒業後にオリンピック日本代表に選出され、そこで輝かしい成績を収めました。彼の書く文章には、世界レベルで戦ってきたスポーツ選手の視点を持ちながら、ユーモアを交え、読みやすく親しみやすいものに仕上がっています。