ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競艇場リサーチ

競艇場情報

四国のボートピア



四国地方には、最新のナイター設備を備えた「丸亀競艇場」、国内最大級の大型映像装置が設置されている「鳴門競艇場」があります。どちらも海を臨むロケーションにある競艇場(ボートレース場)で、地域のスポーツレジャースポットのひとつとして親しまれており、競艇(ボートレース)の場外発売での観戦も盛んです。

日本初の場外発売場「ボートピアまるがめ」

日本初の場外発売場「ボートピアまるがめ」

ボートピアまるがめは、1986年、日本初の場外発売場としてオープンしました、丸亀競艇場からも車で20分程で到達できる幹線道路沿いにあるため、地元の競艇ファンに人気があります。丸亀競艇場で開催されるレースを軸に、他競艇場のレースも楽しめる「郊外型ボートピア」で、1階には広々としたテレビラウンジ、2階にはフリードリンクを楽しめる特別観覧席があります。

愛媛県初の場外舟券発売場「ボートピア朝倉」

1993年に愛媛県として初めての場外発売場としてオープンした、丸亀競艇場専用の場外発売場です。一見競艇とは無縁の四方を山に囲まれたのどかな田園地区にありますが、レース開催日ともなればあたりは熱気に包まれ、県内のみならず遠く広島からも熱心なファンが訪れるボートピアです。建物は4階建てで、他のボートピア同様、一般席や売店、軽食コーナーの他、有料の指定席もありじっくりと競艇を楽しむことができます。

四国で最も新しい場外発売場「エディウィン鳴門」

2011年にオープンしたエディウィン鳴門は、鳴門競艇場での全レースをはじめ、全国の競艇場で展開されるSG・GIやナイターレースを楽しめる、外向けの場外発売場です。鳴門競艇場の直ぐ近くにあり、ガラス張りで天井高4mという開放感のある投票ホールは500人を収容できる広さを誇ります。バリアフリーでシニア世代から車いす利用者、また女性も安心して利用できる設備となっています。

高知県で唯一の場外発売場「ボートピア土佐」

1996年に高知県初の場外発売場として開業したボートピア土佐は、鳴門競艇場でのレースをメインに全国のSG・GI、ナイターレースなどが観戦できるレジャースポットです。高知市内からは車で約30分、収容台数500台の駐車場に加え、車でのアクセスはもちろん、土佐くろしお鉄道あかおか駅からは徒歩8分と、郊外にあるボートピアの中では交通の便も良いという点も特徴です。明るく広々としたロビー、大型のマルチビジョンを備えた352席を数える実況ホール、96席ある有料席、食堂や売店など一通りの設備が揃っています。

徳島県で唯一の場外発売場「オラレ美馬」

徳島自動車道、美馬ICから車で6分程のところにあるオラレ美馬は、地域密着型のコミュニティスペースです。バリアフリーで設計されており、ベビーベッド付きの多目的トイレ、車イスでも乗り降りしやすい駐車場など、誰にでも競艇を楽しめる施設となっています。