ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競艇場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競艇場情報

兵庫県のボートピア



兵庫県内には、競艇(ボートレース)の場外発売場「ボートピア」が大小含めて4ヵ所あり、これは単一の県としては全国最多の施設数を誇ります。

そんな競艇熱の高い兵庫県のボートピアを紹介します。

アクセス至便なボートピア神戸新開地

アクセス至便なボートピア神戸新開地

ボートピア神戸新開地は、神戸の代表的な繁華街である新開地の一角にある場外発売場です。阪神電鉄、阪急電鉄、神戸電鉄のターミナル駅である新開地駅から徒歩1分、JR神戸駅、市営地下鉄湊川公園駅からも徒歩圏内という好立地にあります。1999年4月、「ボートピア姫路」に続いてオープンして以来、都市型ボートピアとして多くの競艇ファンに親しまれています。地上6階、地下1階の大きな建物で、1階には加古川名物「かつめし」を楽しめるレストランの他、車いす対応のエレベーター、地下には禁煙席の観客席など、誰にでも競艇を楽しめるような配慮が随所に見られます。他のボートピア同様、大型ワイドビジョンによる臨場感溢れる無料の一般観客席の他、5階、6階には競艇場(ボートレース場)の興奮を感じながらじっくりと楽しめる有料指定席があります。特に、6階には専用エレベーター付、VIP仕様のハイグレードフロアがあり、専用モニター付きのシートに座りながらゆったりと落ち着いた雰囲気で贅沢な時間を過ごすことができます。

近畿で最も歴史のあるボートピア姫路

世界遺産にも認定されている姫路城に程近いボートピア姫路は、JR姫路駅、山陽電鉄山陽姫路駅からも歩いて数分、賑やかな飲食店が立ち並ぶ姫路魚町にあります。オープンは1991年で、近畿地区では最も歴史のあるボートピアです。大型プラズマモニターが各所に配置された一般席、全席有料のA指定席、レストランなどが入る本館と、その隣にある別館の二棟で構成されています。別館はメゾネット仕様のS指定席や、グループ席などもあり、優雅な気分でレース観戦を楽しむことができます。尼崎、住之江で開かれる全レース、その他全国のレースなど一日あたり最高で4場発売が実施されます。

郊外でのんびり楽しめる、ミニボートピア滝野

中央自動車道、滝野社ICから直ぐのミニボートピア滝野は、都会の喧噪から離れ、のんびりとした雰囲気が特徴的なボートピアです。入り口には実際の実物のモーターボートが展示されたスペースもあり、レース気分を盛り上げてくれます。1階には一般席の他、インターネットコーナー、喫茶、軽食コーナーが設置されており、2階には指定席があるため、他のボートピア同様、競艇を楽しむための一通りの設備は揃っています。

淡路島のリゾート感覚も楽しめる、ミニボートピア洲本

淡路島の東部、洲本港にある洲本ポートターミナル一階にあるミニボートピア洲本は、潮風を感じながら競艇を楽しめるリゾート感覚溢れるミニボートピアです。4面のパネルディスプレイが配置された一般席の他、フリードリンクでゆったりとレースを楽しめるシネコンスタイルの有料席も特徴的です。