ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競艇場リサーチ

競艇場情報

競艇のレース紹介/SG編(3)
グランドチャンピオン決定戦競走



「グランドチャンピオン決定戦競走」は、毎年6月末(年によっては6月末から7月上旬)に開催されるスペシャルグレード(SG)戦の第3戦で、優勝賞金2,500万円の大会です。グランドチャンピオン決定戦競走は、モーターボート競走法の制定40周年を記念して創設された大会です。大会のシンボルカラーは、梅雨の時期の開催ということで紫陽花をイメージした「紫」です。

出場資格

グランドチャンピオン決定戦競走の選考期間は、前年の4月1日から当年の3月31日です。優先出場選手としての資格があるのは「前年度優勝者」「前年の賞金王決定戦の決勝進出者」そして「笹川賞の優勝者」と、「選考期間内のSG優勝戦の完走者」「選考期間内のSG予選の上位得点者」です。優先出場選手以外は、グレードや出走回数に制限があり、一部、選出除外や出場取り消し条件があります。

歴史

1991年6月25日に、住之江競艇場で第一回大会が開催されました。2001年に唐津競艇場で行なわれた第11回大会では、女性選手として寺田千恵(登録番号3,435)が、史上初のSG競走優勝戦進出を果たしました。

最多優勝選手

湯川浩司(登録番号4044)

連覇達成選手

湯川浩司(登録番号4044)

  • 2007年7月1日 第17回 戸田競艇場
  • 2008年6月29日 第18回 芦屋競艇場

太田和美(登録番号3557)

  • 2012年6月24日 第22回 芦屋競艇場
  • 2013年6月30日 23回 常滑競艇場

最年少優勝選手

池田浩二(登録番号3941)

最年長優勝選手

野中和夫(登録番号2291)

印象的なレース

グランドチャンピオン決定戦競争での歴史に残るレースを紹介します

2001年6月24日 第11回 唐津競艇場

寺田千恵選手(登録番号3435)が史上初めて、女性選手としてSG競走優勝戦進出を果たしたレースです。優出だけでも快挙ですが、加えて1号艇での出場ということも大きな話題になりました。レースでは、インに拘った結果スタートで出遅れてしまい、そのまま後手に回り、最終的に5着という結果に終わりました。優勝を果たしたのは"不死鳥" 植木通彦選手(登録番号3285)です。寺田選手にとっては残念な結果となりましたが、それまで男性選手しか出場できないと言われたSG優勝戦に女性選手が出場したことは、多くの女性選手の希望になりました。