ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競艇場リサーチ

競艇場情報

競艇選手の紹介(6)濱野谷憲吾選手



濱野谷憲吾(はまのや・けんご)選手は、1973年11月8日生まれの東京都出身です。世田谷区立新星中学校を卒業後、本栖研修所(現やまと学校)に入所しました。登録期は70期で、同期には山下和彦(やました・かずひこ)選手や木村光宏(きむら・みつひろ)選手がいます。登録番号は3590です。東京支部の所属で、デビューは1992年5月19日の平和島競艇場です。身長169cm、体重55㎏、血液型はA型です。

濱野谷憲吾選手とは

濱野谷憲吾選手とは

「艇界のファンタジスタ」との異名を持つ濱野谷選手は、河合克敏(かわい・かつとし)作の競艇(ボートレース)漫画『モンキーターン』の主人公・波多野憲二のイメージモデルとして知られ、「関東のエース」とも呼ばれています。編集者に競艇漫画の執筆を打診された河合克敏さんが、取材に訪れた平和島競艇場で濱野谷選手のレースを観戦したことがきっかけで、『モンキーターン』が執筆されました。2004年にはアニメ化され、テレビ放映されました。

トーキョーベイパイレーツ

トーキョーベイパイレーツとは、競艇をPRする目的で結成されたユニット名です。平和島競艇場で2007年5月に結成されました。東京支部に所属するA級選手から選出されたメンバーは、各種イベントに参加するなど、競艇の広報活動を行なっています。トーキョーベイパイレーツのメンバーになると、イベントで着用する専用ジャージが贈られます。目標はメンバーによる「全国制覇」で、濱野谷選手は結成当初からメンバーとして所属しています。

大会実績

1993年9月23日に戸田競艇場で、一般タイトル初優勝を19歳10ヵ月で飾りました。この優勝は、デビューしてから1年5ヵ月目という早さでした。その後、2年間は優勝から遠ざかっていたものの、1996年の平和島競艇場一般戦での優勝を皮切りに、勝利を重ねました。グレード上位選手しか参戦することのできないSG戦でも、下記4回の大会で優勝を経験する等、実力を備えた人気選手です。

  • 1998年10月11日 第45回全日本選手権競走 福岡競艇場
  • 2000年11月25日 第3回チャレンジカップ競走 住之江競艇場
  • 2001年12月24日 第16回賞金王決定競走 住之江競艇場
  • 2007年3月21日 第42回総理大臣杯競走 平和島競艇場

性格

競艇選手になろうと思ったきっかけをインタビューで「良い車に乗るためです」と答えたり、競艇の魅力を「レースにまつわる様々な音(エンジン音等)ですかね」と答えるなど、ユニークな一面もあります。減量の方法に関しては「食べないことです」と話していますが、作った料理を自らのブログに掲載しており、日頃から料理に気を遣い、体調管理をしている様子が伺えます。