ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競艇場リサーチ

競艇場情報

競艇選手の紹介(5)服部幸男選手



服部幸男(はっとり・ゆきお)選手は、静岡県浜松市の出身で、1971年1月5日生まれです。競艇選手(ボートレーサー)であった父・服部正彦(はっとり・まさひこ)選手の影響から、幼いころから競艇選手に憧れて、競艇選手を目指していました。静岡県立浜名高等学校を中退し、1988年4月に養成所に入所しました。登録期は64期で、同期には松井繁(まつい・しげる)選手がいます。松井繁選手とは良きライバルとして、インタビューなどでも折に触れてお互いを意識する発言をしています。身長167cm、体重55kg、血液型はB型です。

服部幸男選手とは

服部幸男選手とは

1992年、全日本選手権競走でスペシャルグレード(SG)と呼ばれる競艇(ボートレース)の格付けにおける最上級のレースに参加し、優勝を飾りました。当時21歳9ヵ月という年齢は、史上最年少だったことから高い注目を集めました。また、「まくり差し」と呼ばれる戦法を編み出したことでも有名で、新人ながら圧倒的な強さで勝利を重ねました。新世代のニュースターとして、艇界に与えた衝撃は大きく、現在の若手の主流であるスピードターンの全盛期を起こしたひとりでもあります。1990年代には、女性人気ナンバーワンと呼ばれる「アイドル・レーサー」としても人気を誇りました。2006年に結婚しましたが、現在もなお、女性に人気の選手として活躍しています。

大会実績

服部選手の大会での実績を紹介します。

SG優勝

服部選手は、下記のようにSGで最年少優勝の記録を更新しました。

  • 1992年10月12日第39回全日本選手権競走平和島競艇場(21歳9ヵ月で最年少優勝)
  • 1995年3月21日第30回総理大臣杯競走平和島競艇場(24歳2ヵ月で最年少優勝)
  • 1995年5月29日第22回笹川賞浜名湖競艇場
  • 1997年12月23日第12回賞金王決定戦住之江競艇場

親子での出場

1995年に浜名湖競艇場で行なわれた東海地区選手権競走では、親子で優勝戦に出場し、話題を集めました。

完全優勝

2009年に大村競艇場で行なわれた競艇祭では、8連勝での完全優勝を達成しました。

性格

父親が競艇選手であった影響で、幼い頃から競艇選手を目指していました。BOATRACEオフィシャルサイトインタビューでは、競艇選手としての目標を「頂点(トップレーサー)を継続することですね。」と答えています。レース前のインタビューでは毎回「ベストを尽くします」と発言していますが、競艇選手は「そのときそのときのベストを尽くすべき」という信念からきているものです。減量は食事制限を中心に行なっていますが、地元静岡県の名物でもある餃子が好きなことでも知られています。