ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト競艇場リサーチ

競艇場情報

競艇選手のユニフォーム



競艇選手(ボートレーサー)は、時速80キロものスピードが出るモーターボートに乗り、他の選手のボートや水面と近接した危険な状況でレースを行ないます。そのため、不意の転覆や落水などによるケガから体を守るため、ヘルメットや救命胴衣を着用するなど、安全対策を取っています。そのような安全対策において、ユニフォームも重要な役割を果たしています。

ユニフォームに求められている機能

ユニフォームに求められている機能

競艇選手のユニフォームは、体を動かしやすく、ボートを操縦しやすい素材でなければなりません。また、万一レース中に落水した場合に、プロペラが体に接触してケガをするのを防いだり、水面に叩き付けられた衝撃に耐える素材でなければなりません。

軽くて丈夫なユニフォームの材質

競艇選手のユニフォームには、ケブラーというアラミド繊維が使われています。この化学繊維は、軽くて丈夫、さらに熱に強く、切れにくいのが特徴で、"鉄の何倍もの強度"があるとされる素材です。

ケブラーの魅力

ケブラーは、FRP(繊維強化プラスチック)の補強材として使われることが多く、船の船体や飛行機の機体など、軽さと丈夫さが同時に求められる場合に使われる、代表的な素材です。また、警察官の防刃チョッキの材質としても広く利用されており、鋭利な刃物でも切れにくい強度を誇る素材です。

ユニフォームの色

ユニフォームには、選手の識別という機能もあります。スタンドやテレビで観戦しているファンが、選手の区別を付けやすいよう、ユニフォームは枠順によって色が異なります。1枠が白、2枠が黒、3枠が赤、4枠が青、5枠が黄、6枠が緑となっています。枠の数は違いますが、この配色は競馬の枠順の色と全く同じです。同じ公営ギャンブルとして、ファン層も重なる部分があることから、共通の色にしています。競輪も同じ色使いですが、競輪の場合は枠番ではなく車番で色が決まっています。競艇はそのレースの性格上、ユニフォームが水にぬれて反射することもあります。こうした場合に視認性をよくするため、ハッキリした色にしています。また、ユニフォームだけでなく、救命胴衣や旗にも同じ色が使われています。