ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競艇場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競艇場情報

競艇選手のクラス分け



競艇選手(ボートレーサー)は、成績に応じて4つのクラスに分けられ、上からA1、A2、B1、B2の4つです。半年毎の級別審査によってクラスが決まり、上のクラスの選手はSGなどの賞金が高いレースに出ることができます。また、斡旋回数も上のクラスの選手が多くなっています。クラスが異なる選手が同じレースで戦うこともあるため、クラス分けは予想する際の重要な要素となっています。

半年毎に実施される級別審査

競艇選手は、半年毎に実施される「級別審査」でクラスが分けられます。1月1日から6月30日までのクラスは、前年の5月1日から10月31日までの成績で決まります。7月1日から12月31日までのクラスは、前年の11月1日から当年の4月30日までの実績で決まります。半年毎の級別審査対象期間の勝率、複勝率、出走数、及び事故率が、クラス分けの算定基準となっています。

勝率

「勝率」は、着順点の合計を出走数で割ったものです。失格にならない限り、1着から6着まで点数がもらえます。レースのグレードが上のものの方が、同じ着順でも着順点は高くなっています。一般戦で6着に入っても1点はもらえるので、通常、勝率が1.00を切ることはなく、下位の選手程勝率は上がりやすくなります。逆に上位の選手は高い勝率を維持するのが大変です。

複勝率

「複勝率」は、2着以内、または3着以内に入った回数を出走数で割ったものです。A1クラスになるためには、2着以内が30パーセント、及び3着以内が40パーセント以上の複勝率がなければならず、厳しい条件となっています。

出走数

勝率や複勝率は、着順点や連対数の合計を出走数で割って算出するため、出走数が極端に少ない選手の着順点や連対数が高くなってしまいます。半年間の級別審査対象期間の間に、1レースにだけ出場して、悪くない成績を残した選手をA1クラスにするのは、制度的に矛盾があります。そこで設けられたのが「出走数」に基づいた算定基準です。A1クラスにランクされるためには、半年間の級別審査対象期間で90走以上しなければなりません。

事故率

「事故率」は、事故点の合計を出走数で割ったものです。事故率が基準以上になった選手は、どんなに勝率や他のポイントが高くても、最低のB2クラスとなります。フライングや出遅れは買戻しとなり、公正なレースの開催や施行者の安定した収益の確保に支障をきたすため、事故点も高く設定されています。また、反則失格や落水にも事故点があります。悪質なレースにより、重大な事故を引き起こす可能性もあるため、選手の安全を考えて作られた算定基準です。