ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競艇場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競艇場情報

競艇選手の練習



「やまと学校」で1年間の過酷な訓練を受けたあと、国家試験に合格すると、晴れて競艇選手(ボートレーサー)としてレースに参戦することが可能になります。やまと学校では厳しい訓練を受け、技術やテクニック以外にも自己管理法などを学びます。その厳しさから、卒業率は期によって50%を切る年もある程です。プロになるための育成を受けた選手は、デビュー後も様々な練習を行ないます。

練習内容

練習内容

競艇選手は、レース開催期間以外にも、体調管理や体重管理、技術の向上などを図り、多くの研修に参加しています。また、レース開催期間中には予備のボートを使用して練習を行なうことができるため、自分が出走しない日も競艇場(ボートレース場)へ出向き、操艇練習を行なう選手も珍しくありません。

ボートを使った練習

予備のボートを使用した練習では、ボート数が限られており、練習時間も1時間程に決められている場合があります。練習のために集まった人数によって、練習できる回数が減ってしまうことも多いので、自分が出場しない競艇場にも足繁く通う選手が多くいます。

体調管理・体重管理も練習

体調管理や体重管理は、競艇選手の基本です。レースでは、些細な怠慢によって負けてしまうということも珍しくありません。そのため、体調管理や体重管理をしっかりと行ない、万全の状態で競技に参加することは、プロ選手にとって非常に大切なことです。

レース観戦も練習

レースで勝つには、モーター整備やプロペラ調整、操縦技術だけではなく、レース展開を読むことも大切です。レース展開を読めるようになるためには、多くのレース展開のパターンを知ることが重要です。そのため、自分が出場しないレースを観戦することも、重要な練習のひとつと言えます。

ウエイトトレーニング

レースで勝つためには、基礎体力が大切なポイントとなります。減量を行なうと、体力が落ちてしまうことも多いため、トレーニング施設を利用してウェイトトレーニングを行なう選手がたくさんいます。また、選手として1年でも長く競技を続けるためにも、体力の維持は必須と言えます。

レース開催期間の練習

選手は、レース開催日の前日に競艇場に入ります。そして、モーターとボートの抽選を行なったあと、スタート練習を行ないます。スタート練習は、本番同様6人の班に分かれて行ないます。「スタート展示」として、投票券購入の参考とするために公開されますが、不正行為を防止する目的で、本番レースとは異なる位置からスタートしても良いことになっています。