ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競艇場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競艇場情報

競艇選手を養成する「やまと学校」



福岡県にある「やまと学校」は、プロの競艇選手(ボートレーサー)になるための訓練が受けられる、全国で唯一の競艇選手養成所です。1年後に試験に合格すると、プロの競艇選手としてデビューするができます。競艇の知識が全くない素人から、プロの競艇選手へと育成するため、やまと学校では非常に厳しい訓練を受けます。

入学試験

入学試験

「やまと学校」の入学試験は、合格率が30~40%と言われています。また、入学試験に合格したとしても、入学から卒業まで厳しい訓練を受け、試験に合格しなければ競艇選手にはなれません。

応募資格

やまと学校の応募資格は、中学校を卒業した30歳未満の男女で、体重や視力などの基準をクリアした健康な人です。特に視力は、裸眼で検査を行なった数値を採用するので、注意が必要です。

特別試験

特定のスポーツなどで実績のある人など、所定の条件を満たした候補生は、特別試験を受験することが可能です。一般試験の場合、宿泊を伴う試験を含めて三次試験まで行なわれますが、特別試験は数日間の宿泊を伴う試験を一度受けるだけで合否が決まります。特別試験の受験資格は、「体操競技などにおいて世界大会の日本代表になった者」などといった、将来的に活躍の見込める人材を受け入れることを目的としており、体力試験が免除されるなどの利点があります。

学校で学べること

やまと学校では、競艇選手となるための課程以外にも、審判員と検査員の養成を行なう「審判課程」、「検査課程」を学ぶことができます。いずれの課程も1年間の訓練を受けます。また、更なる技術の向上を目指す選手や審判員、検査員が、1年に1度、行なわれる定期訓練のために、やまと学校に集まる場合もあります。

管理体制

やまと学校の訓練は、厳しいことで知られています。早寝早起きという規則正しい生活はもちろんのこと、徹底した管理体制が敷かれています。生活面だけでなく、プロとしてデビューしたあとに重要となってくる「体重・健康管理」をきちんとできるよう、厳しい管理下に置かれます。

施設

やまと学校では、競艇(ボートレース)に関する様々な課程を学ぶことができるよう、競艇場(ボートレース場)以外にも審判塔や整備塔といった施設が設けられています。競艇水面は2面完備され、訓練生が生活する生活施設にはトレーニングルームや浴室サウナも併設されています。選手の体力・能力強化だけではなく、快適な居住空間も備えた施設となっています。