ご希望の競艇場情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

レースマップ
競艇場
トップページへ戻る
トップページへ戻る

競艇場情報

競艇の概要



競艇(ボートレース)は、6艇のボートが1周600メートルのコースを3周して着順を競うレース競技で、地方公共団体が公営ギャンブルとして開催する「公営競技」のひとつに認定されています。

ここでは、競艇の概要について紹介します。

競艇の「レース」について

1大会の開催期間は4~6日間で行われることが多く、最終日に優勝戦を行ないます。競艇の「レース」は、競馬と同様に「グレード」によって分けられており、グレードの高いレース程賞金が高くなりますが、勝率上位者でなければ出場できないなど、出場条件も厳しくなります。中でも「スペシャルグレード(通称:SG)」と呼ばれるクラスは、グレードの高いレースでの優勝経験など、特に出場資格が厳しく、「賞金王決定戦」は賞金が1億円という高額に設定されています。

競艇の基礎知識

競艇を楽しむ上で知っておきたい基本的な知識を紹介します。

艇(てい)

競艇に使用される艇(ボート)には、モーターが搭載されています。操縦はレバーとハンドルによって行なわれ、整備はすべて選手が行なうため、艇の操縦技術だけじゃなく、整備技術も必要となります。

公営競技

競艇は、競馬やオートレース、競輪と並んで、公営競技(公営ギャンブル)に認定されています。プロの選手たちが統一されたルールの下で行なうモーターボートの競技であり、開催回数や入場料、投票方法などのルールは、すべて「モーターボート競走法」によって定められています。

競艇場

競艇は、全国にある競艇場で行なわれます。日本には現在、数多くの競艇場があり、人工的に水面を作った競艇場以外にも、海面や湖面を利用した競艇場があります。

競争水面
競艇が行なわれる水面は「競争水面」と呼ばれ、水深が1.5メートル以上で、水面が33,000平方メートル以上と規定されています。
湖面や海面を利用した競艇場の規定
湖面や海面を利用した競艇場では、レース開催時の波の高さは45センチ未満と規定されています。また、レースの進行を妨げるような波浪や潮流がある際には、レースを開催することができません。このため、対象となる競艇場の開催時間帯の満潮・干潮時間が、競艇を扱うスポーツ新聞や専門誌などのレース予想欄に記載されています。

競艇選手

競艇選手は、養成所である「やまと学校」で1年間の訓練を受け、その上で選手登録試験に合格する必要があります。

選手としての定年
競艇選手には定年がありません。競艇は、他の公営ギャンブルと比較して選手生命が長く、経験豊富なベテラン選手も若手に混じって活躍をしています。
体重制限
競艇選手になるためには、体重制限があります。男子は50キログラム、女子は47キログラムを下回ってしまう場合には、500グラム単位のおもりを使用して重量の調整を行なう必要があります。
ランク分け
競艇選手のランク分けは、成績によって決められます。勝率や出走回数の他に、2連対率(1レースで1着か2着に入る確率)や事故率等も集計の対象になります。成績は年に2回、前期(5月~10月)と後期(11月~4月)に分けて集計されます。